メディコスヒラタは、薬事申請から厚生労働省への治験、臨床試験の承認された実績が多数あります。医療用器具の専門商社の私たちにお任せください。

90年の歩みと実績

私たちの想い

大阪西区で平田器械店として産声をあげたのは、90余年前の大正7年(1918年)
医療機器情報担当者

昭和25年(1950年)に平田器械店から平田泰生堂に社名変更。
当時は関西全域を営業テリトリーとして営業展開していました。現存する平田泰生堂の看板には、扱い品目として「医療器械・医療用ゴム製品・包帯材料・医科理化学・硝子器磁製品・その他医科用補助品一式」が謳われています。
昭和38年(1963年)に有限会社から株式会社へ改組し、社名も平田産業株式会社へと。数年後にはカテーテルの草分け的メーカーとの販売契約が成立し、事業内容はこれまでの医科器械中心の地域的な商いからカテーテルに代表される先進医療のさきがけとも言うべきIVR医療用具を扱う全国展開の輸入商社へと変貌を遂げました。
その後、脳外科領域、循環器科領域でも関連製品の導入・提供への道を開きました。
1980年代に入り、人工血管や心臓手術用具を取り扱い、心臓血管外科領域へ進出しました。
更に、1983年には内視鏡処置具の販路を開拓し、各分野にハンズオンワークショップや研究会を通じて医療現場に貢献し業務拡大してまいりました。
これに対応して、営業拠点も1970年代後半から東京支店を皮切りに全国展開を進め、1987年には販売体制のコントロールタワーとなる堺物流センターを大阪府堺市に設置。 現在全国11営業拠点で展開しております。
1993年 社名をメディコスヒラタと変更し、1988年に従来の”医療機器輸入商社”に加え、医療環境に対応すべく製造業者様や医療従事者の皆様にご支援いただき「医療機器製造業許可」を取得し、自社製品販売にも挑戦してまいりました。
近年では、2006年 国内で初めて大動脈用ステントグラフトの導入に成功し、心理的・肉体的負担の少ない医療の提供に更なる充実を図りました。
今後もメディコスヒラタは安全・安心な医療を目指し、社会貢献に精進してまいります。

沿革

経歴
経歴経歴
大正7年(1918) 1月 平田器械創業
昭和25年(1950) 10月 有限会社平田泰生堂設立
昭和38年(1963) 2月 平田産業株式会社に社名変更
昭和52年(1977) 4月 東京営業所を開設(のち東京支店となる)
昭和53年(1978) 8月
10月
名古屋営業所を開設
福岡営業所開設(のち福岡支店となる)
昭和56年(1981) 12月 仙台営業所を開設
昭和61年(1986) 8月

9月
横浜営業所を開設
金沢営業所を開設
札幌営業所を開設
昭和62年(1987) 12月 堺物流センターを開設
平成 2年(1990) 6月 松山営業所を開設
平成 5年(1993) 4月 株式会社メディコスヒラタに社名変更
平成12年(2000) 4月 静岡出張所を開設
平成13年(2001) 4月 広島出張所を開設(のち広島営業所となる)
平成21年(2009) 5月 ISO13485:2003及びISO9001:2008の認証取得(大阪本社、堺事業所、営業本部/学術本部)
平成22年(2010) 8月 松山営業所を高松営業所へ移転
製品の沿革
製品の沿革
株式会社メディコスヒラタ
お問い合わせ
アクセスマップ
大阪本社
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀3-4-3
TEL 06-6443-9502 FAX 06-6443-2333
東京本社
〒113-0024 東京都文京区西片1-17-10
TEL 03-3815-9820 FAX 03-3815-3438
メニュー