メディコスヒラタについて

2018年、メディコスヒラタは創業100周年を迎えました。「医を学び商う」を企業理念に創業以来、多くの優れた技術や製品を医療の最前線に提供し、医療の発展に貢献するという社会的使命を追求し続けてまいりました。

先進医療を海外からスムーズに導入できるよう、豊富な薬事申請のノウハウや長年にわたって構築してきた医療従事者の方々とのネットワークを活用し、私たちは「つなぐ力」で、医療の可能性を広げていきます。
意思決定のスピードとフレキシブルな対応力、蓄積したノウハウで医療機器に関する様々なニーズにお応えします。

豊富な実績とノウハウ

メーカーや医療従事者の方々との長年にわたって構築してきた信頼関係やネットワークを活用し、先進医療を海外から日本国内の医療現場にお届けしています。

アメリカ
  • Penumbra
  • Broncus
EU
  • Medi-Globe
  • Dispo Medica
  • lombard medical
  • lso medical
  • Aln
日本
  • KANEKA MEDICAL PRODUCTS
  • HOYA
  • 朝日インテック株式会社
  • HAKUZO
  • HI-LEXコーポレーション
  • 住友ベークライト株式会社
韓国
  • 	STANDARD SCI TECH

医療機器の行政手続き実績

薬事申請においては、1978年から現在に至るまで900件を超える実績があり、申請する際に生じる様々な課題を解決するノウハウを有しています。

医療機器承認、認証、届出

合計
900 件以上(1978-2018 年11月)
400 件以上(2005-2018 年11月)詳細は下表
医療機器承認、認証、届出
Class Ⅳ 新規申請 一部変更 軽微変更届出
9 28 64
Class Ⅲ 8 13 42
Class Ⅱ 26 31 149
Class Ⅰ 41 29 N/A

薬事承認実績一覧

低侵襲医療への取り組み

当社は「安心と安全」を第一に、患者様への負担が少ない「低侵襲医療」を実現するための医療機器を医療の現場にお届けしています。医療の現場では、QOL(Quality of life) の重要性が叫ばれるようになって久しく、当社は「人にやさしい医療」の実現に向け取り組んでいます。

多彩な活動で、医療の発展に貢献

医療の分野は、常にめまぐるしく変化しています。そのため、常にアンテナを張り巡らせ、最新の情報を把握していなければなりません。
当社では、先進医療技術や製品に関するセミナーの開催や各種学会・シンポジウムの開催サポートを通じて、医療従事者の方々に最新の情報を提供しています。

世界と国内をつなぐ物流センター

大阪にある主要な空港(関西国際空港・大阪国際空港)にアクセスし易い堺市(大阪府)に物流センターと研修所があるため、輸入および国内展開がスピーディに行えます。
お客様に安心してお使いいただけるよう、品質の高い在庫管理や確実な配送を行っています。

メディコスヒラタ